教材PDFをお譲りします。

新規会員募集は打ち切りましたが、 当倶楽部で使用していた教材PDF「知識編」「実戦編」、 (専用サイトURA・パスワード付き) を有料でお譲りしますので、 ご希望の方は、「みみずくFX倶楽部 教材PDF希望」と、 書いていただき、 ksfx1964120@yahoo.co.jp までお問い合わせください。

<移動平均線>


おはようございます、みみずく です。

今日は移動平均線についてお話をしようと思います。
一度は、チャートに表示させた事があると思います。
日本では単純移動平均線(SMA)がよく用いられ、諸外国では、
移動平均線と言うと、指数平滑移動平均線(EMA)になるそうです。
単純移動平均線(SMA)は、その名の通りに単純に平均値を出して、
その地点を曲線で結んだラインですね。
指数平滑移動平均線(EMA)は、単純に平均値を結んだのではなく、
直近の平均値を重視して計算された平均値で、
単純移動平均線より、値動きを敏感に表す事になります。
どちらが良いとかの問題ではなく、自分のとって見やすい方で、
選べばいいと思います。

私は各時間軸のチャートに4本の移動平均線を表示させています。
短期小EMA1本、短期大SMA1本、中期SMA1本、長期SMA1本。
時には短期SMAを2本にする時もあります。(気分次第 ^^)
使い方は人それぞれです。
例えば、短期の2本のMAの使い方に、買いの場合は短期小MAが、
短期大MAの上にきてからのタイミングで仕掛ける(売りは反対)。
これだけでも、勇み足をかなり防ぐ事が可能です。
そして、中期MAと長期MAの間に短期の2本のMAが入ったら、
仕掛けを見送るというルールもOKですね。
中期MAと長期MAの間はレンジ相場になる可能性が高く、
この間に値動きがあると、上下で反転の可能性があるために、
エントリーしても利確決済や損切り決済が入り乱れて、
上下動の値動きになる事が比較的多い場面です。
特にトレンドフォローで仕掛けていく方は、
中長期の上に短期があるときに買い、
中長期の下に短期があるときに売り、
その他の状況ではエントリーを見送るというルールも、
無駄なエントリーを防ぐ簡単なルールですね。
どうしても、レンジ相場でやられてしまう方は、
一度取り入れてみてはいかがでしょうか?

またトレンドが出来ている時は、パーフェクトオーダーという、
上昇の時は、上から順番に小さいMAから並び、
下落の時は、下から順番に小さいMAから並びます。

上昇の時は飛行機が飛び立っていく時のように、
下落の時は、滝のように見えます。
当然なってからのタイミングでは仕掛けるには遅いですが、
パーフェクトオーダーの形になるには、
数本のMAが接近して「束なる」ような値動きになりますから、
その時に、上、下どちらの方向に優位性があるのかを判断して、
優位性の高い方向にサインが出た時にエントリーして、
その後パーフェクトオーダーになればOKという具合ですね(^^)。

ロウソク足だけ表示させているチャートに、
思い思いのMAを表示させて見てください。
そして、昨日のロウソク足の反転等のシグナルを活用し、
あとはトレンドラインを引いて行けば、充分トレードできますよ。
それでは、次回はトレンドラインについてお話をしようと思います。

それでは、今週最後のトレード日です。
普段通りに粛粛とトレードしていきましょう(^^)。




================================
FX商材の取り組み方のアドバイスに成ればと思い、
FX商材に特化したブログを始めました。

こちら→ 「FX商材との向き合い方」

================================

「みみずくFX倶楽部」

1、まだ自分のトレードスタイルの構築ができていない方。
2、FX歴はあるが、なかなか結果でずに、一人悩み悪戦苦闘されている方。
3、自分の今後の生活設計にFXでの資産運用を真剣に考えられている方。

一緒にトレードを構築していきませんか?

短期トレードに集中するのも良し、

中長期のトレードで、時間に縛られないトレードも良し、

中長期のトレードと短期トレードを併行するのも良し。

詳細は、こちら⇒ 「みみずくFX倶楽部詳細」

ご覧ください。



=============================

応援クリックお願いいたします(^^)。

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村 
           為替・FX ブログランキングへ



スポンサーサイト

Template Designed by DW99