「専業と兼業」について

「専業と兼業」について私なりの意見をお伝えします。

私のトレード仲間にも専業の方、兼業の方といます。
私個人の「みみずくFX倶楽部」卒業生には、兼業を進めています。
なぜなら・・・・・・・・・。

大概の方が、仕事をしながら小遣いでも稼げれば・・・・、という
感じで始められる方は殆どです。自分もそうでした。
そして、限られた時間の中で努力を重ねて利益が出るようになった。
と言う事は、本業を持ちながら空いた時間にトレードするという
生活リズムの中から生まれている、その方独自の「スタイル」が
すでに出来上がっているのです。
その方が、本業を辞めて副業のFXを本業(専業)にするという事は、
その方が築き上げた「スタイル」を変える事になるのです。

今までのトレードルール(手法)と違うトレードルール(手法)で、
トレードするのと同じくらいの変化なのです。

兼業であれば、本業の収入があります。その収入に納得しているかは
別にしてですが・・・・・・・(^^;
それまでの生活にいる収入の基盤があっての、FXでしたが、
専業となれば、その「基盤」をもFXの収益で賄う事になります。

これは、思っている以上に大変なプレッシャーとの戦いなのです。
トレードそのものによる資金の損失のプレッシャー以外に、
「このプレッシャー」が加わります。
結構厳しいのですよ、これが(^^;

いま現在兼業でトレードをされていて、利益を出せているのなら、
兼業を堅実に続けていくことの方が、生活そのものにも余裕ができて
ちょっとした贅沢もたまにはして、恋人や家族との触れ合いに
役立てる事の方が、現実的で良いと思いますよ。

今の世の中、会社勤めしていても、いつ倒産になったりするか、
わかりませんからね。実は、私も以前は店舗展開をして収益を上げて
いく会社に勤めていまして、店長を兼任しながら、店舗運営管理の
業務(スーパーバイザー)もしており、10店舗の運営管理を任されて
いましたが、ある日突然ですよ・・・・・。

「貴方が店長として勤務している店舗以外の、貴方の管理下の店舗は
 全て撤退および売却します。それで、他店の赤字の補てんとします」

私の部下10名ほどいましたが、全員解雇同様の扱いになりました。
そして、私だけ残ったのですね。

それまでに、兼業でプラスを出せるようになっていたので、
それから、本腰を入れてFXトレードを1年やった時に、会社からの
来季の達成事項と待遇を言われて、・・・・退職の道を選んだのです。

それでも、初めは、それまでの仕事の関係もあり、アドバイザーとして、
他の会社から短期契約、特に新規出店時のマネジメントの仕事を
受けて、昼間はその仕事をこなしながら、夕方からFXトレードをする
という日々を送っていました。

現在の15:00頃からのトレードスタイルは、その時の名残ですね。

専業を目指す事は、決して悪い事ではないと思います。
現に私でもなれましたのでね(^^)。
ただ、現状をしっかり見極めた上、専業への準備をしっかり行って
1歩1歩近づいて行くようにした方がいいと思います。

それでは、次回は「専業への準備」とタイトルで、
私の考えをお伝えいしたいと思います(^^)。
スポンサーサイト

「専業を目指している方へ」の最終回です。

「専業を目指している方へ」の最終回です。

「専業トレーダー」・・・・私もFXを始めた当初は、
確かに憧れました。今の自分が言うのもなにですが(^^;

ただ、どうでしょう?

今思うと、自分で一生懸命勉強した! という自負はありますが、
やはり「運」というか「めぐりあわせ」
というのも否定できません。

FXを初めた頃に、リーマンショックがあり、
株も為替も急落しました。
それがあったからこそ「損切り」というものを学びましたし、
自分がトレードで利益が出るようになり、その時の給料を
越えるくらいになったら、会社の方が事業縮小で、
部下が全員退職に追い込まれ、次の年には、
私に出された条件も厳しいもので、退職となりました。
そして、短期契約のアドバイザーとFXの兼業で
生計を立て初めた頃、そのアドバイザーでの仕事で知り合った方を、
FXトレードで利益が出ずにいたのを、アドバイスしたのを
きっかけに、「みみずく塾」がスタートとなり、
みみずく塾がスタートしたら、そのアドバイザーでの
仕事の依頼が減ってきて・・・・・そして専業へと。

私のトレードと一緒でトレンドフォローですね(^^)。

自分に吹いている風に逆らわずに、それに乗っていくという。

ただ、どんな時も、目の前にある事を一つ一つしっかりと見つめて、
自分の頭で考え行動して、それに対して出た結果を、ありのままに
受け止めて、そこから前に進むためにはどうしたらいいのかを考え、
行動に移してきました。これは自身を持って言えますね(^^)。

他人に教えを乞う時は素直に接して、少しでも吸収しようとどん欲に。
そして、自分で突き詰める時は、とことん突き詰めて。

その繰り返しが、今につながっているような気がします。

専業を目指している方へ、今の私がお伝えすることは・・・・・・。

「何のために専業トレーダーになるのか?」

これをしっかりと考えて頂けたらなと思います。

専業トレーダーにならないと、本当にいけないのか? 
専業トレーダーにならないと、実現出来ない事なのか?
専業トレーダーが本当に望んでいる姿なのか?
専業トレーダーになる事を、大切な人は望んでいるのか?
自分にとって、一番大切なこととは何か?

この5つは最低考えた上で、現状で出来る範囲の事を、
結果を急がないで、一つ一つ行動に移していくことを
継続していってください。

そうすれば、おのずと結果が出てきます。

専業トレーダーになれた、なれなかった。
これは問題ではありません。

1、自分がどれだけの考えして、
2、どれだけの行動を実際に起こし、
3、どれだけ継続できたのか。

この3つの事が大事なのですから。


以上、「専業を目指している方へ」、
私なりの考えをお伝えしてきました。

後は、貴方がどう考え、どう判断して、どう行動に移すかです(^^)。


「法人化」に関して

「法人化」に関しての私の考えをお伝えしようと思います。

誰もが、FXを始める時にですね、夢を抱きます。
利益を出せるようになれば、専業になって自由な時間を持ち、
そしていずれは法人化して起業する。そして、小さくても一国一城の主に
なる夢をですね(^^)。

最近の若者は、そういう発想は抱かないようですが・・・・・・。

でも、専業の後には、やはり法人化という事は、
誰しもが一度は考える事だとは思います。

現実的に、個人投資家というのは、年間1000万円稼ごうが、
社会的信用は・・・・・・「0」に近いです、残念ながら(^^;
新規にカードも作るのも、ローンを組む事も難しいです。

ただ、だからと言って、何でもかんでも法人化するとうのは、
早計な気もします。
やはり、きちっとしたビジョンもないままに法人化しても・・。
と言う気がするのです。

まっ、こういう考えになるのは、私が以前は会社員であったのが
要因かもしれません。
「どうしたいのか?」と言うのがはっきりとイメージ出来ていて、
「そのためにどうするのか?」を現実的に考えて。
「それを行動に移しているのか?」・・・・・・・・・・。

この3つが無いままに、ただ、やみくもに法人化と言っても、
どうなのかなか? と思うのです。

「みみずく さんは、法人化なさらないのですか?」という質問も
よく言われますが、その時の私の解答は・・・・・・。
「まだ法人化する目的やメリットが、今の自分の中で、
はっきりと認識できないので、静観ですね」と。

そうです、値動きの把握ができていないのに、サインが出てるからと
言って、エントリーはしません。と言う事ですね(^^)。

私が個人で運営している「みみずくFX倶楽部」は、これからも
継続できる限りは継続していくつもりですが、法人化して規模を
拡大していく考えは、今のところはありません。
規模を拡大と言っても、私の体は一つなのでね(^^)。
ですから、何か別な問題が起こらない限りは、今の形で続けていく
つもりですしね。

そして、自分の目標の中に「会社設立」があるのですが、
これは、こういう金融取引ではなくて、店舗運営会社としての
会社設立であって、その資金を現在の状態で蓄えて・・・・・。
そして設立ができれば、FXに関しては、今まで通り
個人投資家として続けていきたいという希望があります(^^)。
ですから、その目標に沿った行動を取る事が
大事なのではと思っています。

法人化するために必要なもの、それは・・・・・・・・。
しっかりとしたビジョンだと思います、ハイ!!



次回の「専業を目指している方へ 第5回」は、
皆さんが知りたい事の一つに違いない事(^^)。

「専業への近道は何?」と言う事を、私なりにお伝えしようと思います。
それでは、また(^^)。

専業への準備

今回は「専業への準備」というタイトルでお話をします。

前回で、専業で生計を立てていくには、年間の収入が700万円は
欲しいと言う事を書きました。
この金額はあくまで私が、とりあえず、専業でやっていけそうかな?
と感じた時の年収だったので、他の方とは勿論違う意見かも
しれません。

ただ、現在兼業で、本業での収入(給料)と同じ金額ぐらいを
FXで稼げるようになったとしても、それではまだ専業になるには
まだまだ早いですよ、と言う事をお伝えしたかったためです。

健康保険や年金や、FXでの利益に対する所得税等などを考えると、
最低も月間で50~60万円は利益を出さないと、厳しすぎます。

・・・・・・・・・・・・。

それでは、今回の本題である「専業への準備」に入ります。

まずは、本業の収入が全くなくなるわけです。そのプレッシャーは
思った以上にあります。ですから、本業の収入を得ている時から、
FXでの収入だけで、1年間生活してみてください。
日常の家賃や住宅ローン・水道光熱費・駐車場代や食費代、
お子さまがいる家庭では、学費・教育費。勿論食費や雑費もですね。

そして、独身に方は多少無理してもいいと思います。
それも良い人生経験で済みますからね(^^)。
ただ既婚者の方はそうはいきません。

ですから、必ず奥さんの理解と同意が必要です。
そこで十分な理解が得られないと、家の中が殺伐としてしまいます。
それまで、十分とはいえなくても、給料が毎月入っていたのが、
全くなくなるわけですから、奥さんにしたら一大事ですからね。

ですから、利益を上げれるようになったからと言って、
自分の独断で物事を進めてしまうと、家庭内不和になってしまい、
何のために、FXでの収入を得ようと努力してきたのか、
わからなくなってしまいます。

いくら、FXで利益を出せる技術を得ることができても、
もっと大事なものを失う事になってしまってはいけません。
女性の方は結構堅実ですが、男性は夢を追いがちですからね。
自分もそうでしたから(^^;

今利益を上げることができているのなら、そんなに急いで専業への
転身をしなくてもいいわけです。転身はいつでもできるのですから、
ゆっくり時間をかけて考えてから行動を取りましょう。

そして、その間に自分の資産を増やしていけばいいのですからね。

自分にとって、何が一番大事なものなのか?
ゆっくり、しっかりと考えて、最高の理解者(既婚者は奥さん)を、
得ることから始めましょう。

そして、自分ひとりで先走るのではなく、その最高の理解者と共に、
計画を立てて、自分たちの生活スタイルを構築していくことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

それでは、次回は「法人化について」私の意見をお伝えしたいと
思っております(^^)。

FXでの収入はどれくらい必要か?

このカテゴリーでは、実際に専業トレーダーとして、
生計を立てて行くには、利益を出し続ける事は勿論のこと、
他にどんな事をクリアーにしていかなければいけないのかを、
具体的にお話しをしていきます。

皆さんの関心ごとに中に、
「専業の人間はどれくらいの収入を得ているのか?」
というものがあると思います。

勿論、何十億を稼いでいる方もいらっしゃると思いますし、
若い方で独身の方なら、月に20~30万の稼ぎでも、
やっていけるかもしれませんが、既婚者となるそうはいきません。

利益がでている以上、所得となりますので、それに対する税金を
払わなければいけません。

生計を立てると言う事は、親と同居するという立場は
専業とは、ここではいいません。とりあえず・・・・(^^;

自分で家を借り、又は購入している事が前提になります。
そうすると、家賃やローンの支払いや、水道光熱費等の
支払いもあります。勿論、携帯電話やネット回線の使用料等も
ありますね。

家を購入しているのなら、固定資産税というのもありますし、
車を持っているのなら、2年に1回の車検代や維持費。
これも年1回の自動車税もあります。

国民年金や国民保険、そして市民税等の支払いもあります。

言い出せばきりがありませんが、少なくとも、
以上の支払いに、日常の食費代しかり洋服代。
遊ぶお金も必要でしょう。


会社員なら、会社がつぶれ無い限り、給料は出ますね?
満足度は別にして(^^;

体調不良で休んでも、そんなに給料に変化はありませんが、
専業は、体調不良で、トレードできなければ、
そのまま利益すなわち収入が減るのです。
このあたりは、自営業と一緒ですね。

他の自営業では、自営の内容にもよりますが、
誰かが助っ人として、体調が回復するまで、
助けてくれるかもしれませんが、トレーダーの替わりは
いませよね?

そして、相場はどうなるかわかりません。
先月は1000Pips取れたが、今月は300Pipsしか
取れなかった、なんて事も十分考えられます。


そん事を考えると、FXでの利益から税金を引いた額が、
700~800万円ぐらいは欲しいところです。

当然、誰もが初めから、そんな金額の利益を
出せるわけではありませんがね(^^)。

ただ、それくらいの利益を出せなければ、
専業で生計を立てる事は、難しと言うのが、
私の解答です。




Template Designed by DW99